差がつく名刺交換のマナー

  • RSS

ビジネスの場で必須の名刺交換のマナーですが、新入社員の方や学生の方は、
いまいちこれについて知らない方も多いのではないでしょうか?
まず商談に向かう時等、名刺交換が行われることが予想される場合は、
いつでも取り出せるようにケースを手元に置いておきます。

次に実際の交換の場面では、ケースをお盆のように名刺の下に添えながら、
名刺を相手の方に向けて片手で持ち、もう片方の手は名刺に軽く添えるようにして渡すようにします。
この時に自分の会社名や所属部署、それに名前を名乗るようにします。
逆に相手の名刺を受取るときは、頂戴いたします等と一言添えて必ず両手で受け取ります。
この後も、商談の間はテーブルに置いた名刺入れの上に置いておくようにします。

名刺交換は目上の人から順番に行うのが基本です。
もし上司と同行していて、相手も上司と部下の二人で来ている場合は、
先ず上司と上司、部下と部下が行い、その後相手を交代して再度行います。

また相手と同時に差し出してしまった場合は、お互い右手で差出し、左手で受け取るようにします。
相手が複数いる時は、あらかじめだいたいの人数分を先に重ねて出しておき、
重ねた上から十番に渡していくようにします。
この時目上の人から順番に渡していくのが基本ですが、
初対面の場合は誰が一番上の役職か一目見ただけではわからない場合が多いと思いますので、
部屋に入ってきた順番や話し方等から判断する必要があります。

正しいマナーを覚えることは、社会人としての第一歩です。
完璧なマナーを身につけて、職場で一目置かれるようになってください。

このページの先頭へ