日本で使われている名刺の大きさ

  • RSS

日本で通常ビジネスの場で使われている名刺の大きさは、
91mm×55mmの4号サイズと呼ばれるものです。
関西では同じ大きさでも9号と呼ぶメーカーもあるようなので、
印刷業者に発注する際は気をつけた方がいいと思います。

以前は女性の場合4号より一回小さい、85mm×49mmの3号を使うことが多かったようですが、
女性の社会進出が珍しくなくなった今は、女性も男性と同じ4号を使うことが普通になってきているようです。
またこの4号3号より小さい、または大きいものも存在しているようですが、あまり需要はないようです。

また、昔は名刺というと日本独特の文化のようなところがありましたが、
国際的なビジネスが盛んになっている今、欧米でも常備する方は少なくありません。
欧米のものの大きさは89mm×51mmと日本の物より一回り小さく、スリムな形のものが一般的です。
このサイズは欧米サイズや英文サイズ等と呼ばれ、
外資系の会社等はこのサイズで名刺を注文することもあるようです。

デザインはどんどん多様化してきていますが、ビジネスで使用する場合、
サイズは4号か3号、又は欧米サイズにしておくのが無難だと思います。
ほとんどの名刺入れやフォルダはこのサイズをもとに作られているので、
大きいものだと持ち運びのための名刺入れを探すのにも一苦労ですし、
もし大きいものをもらった場合、保管用のケースやファイルに入らなくて困るといったケースが考えられるからです。

このページの先頭へ